ヒーラーANDOの脳内アウトプット

常識が非常識に変わるヒーラーANDOの脳内ワールドへようこそ♪

【闘病】をオススメしない理由とは?

f:id:savior369:20211202181343j:plain 

もしかするとあなたは、
病気を敵だと思っていませんか?
病気は私たちの敵ではありません。

今回は、
なぜ【闘病】をオススメしないのか・・・
その理由について書こうと思います。

こんにちは。ヒーラーのANDOです。

まず、あなたに質問です。

Q:あなたは今、病気を憎んでいますか?

正直に言います。
私はずっとずっと憎んでいました。

以前の私の目には、
娘を苦しめ続ける病気が
家族の幸せをも奪い続ける
大きな敵にしか見えませんでした。

その当時の私は、
病気を治す方法を必ず見つけてみせる!
と自分自身に言い聞かせていました。

それは一見、
ポジティブなように思えますが
最近になって気づいたんです。

私の発したその言葉や念は、
【憎しみのエネルギー】
に満ちていたということに・・・

つまり私は、
「病気を治す方法」というより
「病気をやっつける方法」
探していたんです。

しかし、ある日を境に
モノの見かた・考えかたが
180度ひっくり返りました。

その「ある日」とは、
私が生死の境をさまよった
2018年3月・・・

私は急病で真夜中に緊急入院し、
即、手術。
選択の余地はありませんでした。

私の命は救われました。
皮肉にも、私が嫌いだった
「薬」と「医師」によって。

嫌いだった理由は、
私の大切な人たちが薬の副作用で
苦しむ姿をずっと見てきたから。

妻の父は、糖尿病のため
数種類の薬を飲み続ける毎日。
自分でお腹に注射も打っていました。

薬は年々増える一方。
しかし、症状は悪化するばかり。

人工透析を始めて5年・・・
妻の父は65歳の若さで
この世を去ることに。

さらに、
医師が処方した痛み止めの薬が原因で
娘は食物アレルギーを発症。

その薬のことを調べてみると
「副作用で食物アレルギーを
発症する場合があります」
と書かれていました。

そんな副作用のある薬を
安易に処方した医師を
私は本当に許せませんでした。

その後、娘は長年にわたり
食べるものとアレルギー症状で
苦しむことに・・・

薬で病気は治らない。
薬なんて要らない!
とさえ私は思っていました。

つまり私は、
薬や医師のネガティブな部分ばかりに
フォーカスしていたのです。

命が救われたあの日、
私は担当医に心の底から感謝しました。
薬にも心の底から感謝しました。

それは、ネガティブなものが
ポジティブに変わった瞬間でもありました。

その日以降、
モノの見かた・考えかたが変わり
多くのことに気づかされたんです。

その中でも、
ネガティブ【陰】には
ポジティブ【陽】を生み出す
エネルギーがある・・・

これは、
私の人生を変えるほどの
大きな気づきでした。

簡単な例で説明すると、
花や草木たちは
暗い土の中から芽を出しますよね。

赤ちゃんも
お母さんの真っ暗なお腹の中
(陰部)から産まれてきます。

どちらも最初から
お日さまの下では
育たないし育てない。

つまり、
【陰】【陽】を生み出す
エネルギーを与えてくれるんです。

ということは・・・
【陰】無くして【陽】は生まれない。
【陽】無くして【陰】は生まれない。
どちらも必要だということ。

だとしたら・・・
【陽】ポジティブが良いもので
【陰】ネガティブが悪いもの
と決めつけるのは単なる偏見。

不幸と思われる出来事【陰】は、
幸せ【陽】を生み出すエネルギー
だということです。

この気づきを得たときから、
敵と捉えていた娘の食物アレルギーを
敵と見なすのを私はやめました。

もし、娘の食物アレルギーが幸せを
生み出すエネルギーだとしたら・・・
そう考えるようにしたんです。

しかし、
なかなか答えが見つからない。

食物アレルギーが幸せと結びつかず、
当初は戸惑いました。

そんなある日、
「病気は身体からのサイン」
こんな一文が私の目に止まりました。

この一文を見た瞬間、
過去の記憶が走馬灯のように
頭の中でフラッシュバック・・・

「何かがどこかで間違ってる!」

そう何度もつぶやきながら
その間違いを記憶の中でたどりました。

そして、やっと気づいたんです。

食物アレルギーは
「早く気づいて・・・」
というサインだったということに。

何に気づいてほしいサインのか・・・
その答えは、
ひとつだけではありませんでした。

振り返ってみれば、
私はたくさんのことを
見落としていました。

偏見で真実を見誤っていること

身体に不必要なものを摂っていること

自然治癒力が働いてくれていること

心と身体はつながっていること

魂の望まない方向に進んでいること

などなど・・・

それは、私だけではなく
娘にとっても妻にとっても
当てはまることばかり。

「早く気づいて・・・」
というサインに気づかないでいると
食物アレルギーはもっとヒドくなって
私たちが気づくまで何度でも
訴え続けてくれる【味方】だったんです。

ただ、
症状がもっとヒドくなるのは
不幸な出来事のように
私たちには見えてしまいますよね。

そう見えてしまうから
薬でなんとかしようとしたり、

病気はうまく付き合っていくしかない
とあきらめモードになってしまったり。

しかし、
それは私たちの単なる勘違い。

「早く気づいて・・・」

この小さな声に耳を傾けたとき
病気を癒すためのトビラが
初めて開かれるんです。

私のヒーリングで
娘の食物アレルギーが癒えるまでに
およそ2ヶ月かかりました。

それは長い間、私が発し続けた
【憎しみのエネルギー】
を償うためにかかった時間なのだと
思っています。

なぜ【闘病】をオススメしないのか・・・

その理由は、
病気と闘うということは
病気を敵だと捉えているということ。

病気を敵だと捉えていると、
憎しみのエネルギーが
病気をさらに悪化させる
【邪気】へと変化するから。

つまり、
食物アレルギーで娘を苦しめていたのは
私の【邪気】のせいでもあったのです。

この点に気づいたことが
娘の食物アレルギーを癒すことができた
一番の要因だと私は思っています。

しかし、
こんな気づきもありました。
邪気が「悪いもの」とは限らない。

邪気とは精神的な成長を促す
【陰】のエネルギーだということ。

私もこの一件で精神的に
ずいぶん成長させられました(笑)

この記事の冒頭で

Q:あなたは今、病気を憎んでいますか?

と質問をさせていただきましたよね。

もし、病気に対する憎しみ(邪気)が
少しでもあるとご自身で感じる場合は、
下の動画をご活用ください。

この動画は、邪気を祓うものではなく
感謝をもって邪気を浄化する
ヒーリング動画(11分13秒)です。

youtu.be


ここまで長文を読んでくださり
ありがとうございました。

私が【闘病】をオススメしない理由は、
納得していただけましたでしょうか?

あなたに起こる出来事は
良いことも悪いこともすべて
あなたが幸せになるために
必然的に起こります。

病気も例外ではありません。

病気の裏側には、あなたが苦しんだ分の
いや、それ以上の幸せが隠れています。

ネガティブ【陰】には
ポジティブ【陽】を生み出す
エネルギーがある・・・

この気づきが、少しでもあなたの
お役に立てれば幸いです。

あなたの病気、または
あなたの大切な人の病気が
一日も早く治りますよう
お祈りいたしております。

 

ヒーラーANDOの自己紹介
▼ ▼ ▼

healer-ando.hatenadiary.com

 

ヒーラーANDOのYouTubeチャンネル
▼ ▼ ▼

www.youtube.com